イラストの習作(Athlete)

デフォルメしたキャラクターについてはだいぶ自分らしさを掴みかけてきたかなと思っているのですが、デフォルメしていない少しリアルな絵のレパートリーについては、まだ作風が安定していません。自分の画力にはまだ伸び代があるなと、最近よく感じるのですが、こちらのテイストの絵がもっと上手くなったら、もっと絵で請け負える仕事も幅も出てくるような気がします。

今回は複数のWebサービスで制作過程を公開しているのですが、こちらでも掲載しておきます。

 

まず最初のラフ画です。いつも、絵のことで良く相談している友達のFくんに、この絵でおかしなところはないか見てもらったところ、ポケットに入っている手が気になるかなということでした。

「基本的にポケットに手を入れると、手の重さがポケットにかかっているように見えることが自然だと思うんだけど、この絵だと手の重さを感じないかな」とアドバイスをもらったので、修正したのが次の絵です。

 

 

だいぶ、ポケットに入った手は違和感無くなった感じです。デフォルメしていない絵は、ちょっとのことでも、バランスが崩れたり、違和感を感じたりして難しいですね。僕の絵は、筋肉質な人を描くことが多いのですが、筋肉質な人がリラックスした状態を描くのは難しいとのこと。確かにいつも肩に力が入っているような絵になってしまっています。

なんの考えもなしに描き始めた絵ですが、ポケットに手を入れるという何気ない動作でも、細かな観察力が大事なんだなと思いました。この絵は、あまり資料を見ないで描いていますが、ポケットに手を入れた写真を見てかけば、そこらへんも気づけたのかな。まあ、写真を見て描いても、気づかないときは気づかないと思いますが。

 

色ぬりです。ちょっと好きなカナダのグラフィックデザイナーさんが描いているイラストの色の塗り方を参考にしてみました。実は1回適当に色ぬりして失敗しています。笑。僕は、高校のデザイン科で勉強してた時から色ぬりが苦手なんです。ただ、パソコンで絵が描けるようになって、塗り直しが簡単なので、色を塗るのが楽しくなった。画材を片付けする必要もないですしね。

最後の仕上げです。本当はもっと背景とか小物を書き込むといいのだと思いますが、やっぱり人物中心のイラストになってしまいますね。ちょっとスポーツのイラストっぽさを出すために、アメリカンフットボールの絵を足してみました。気力もつきたので、背景は、適当なデザインでごまかして、一旦完成。

完成した絵もFくんにみてもらったところ「歩いてるときの重心がチョイ不安定だから、右足をもうちょい引っ込めた方がバランスよくなるかも」とアドバイスをもらったので、次からは重心も意識してもっと安定した絵に仕上げていきたいと思います。

絵自体が、少し昔っぽい絵ですが、このキャラクターも「オールドファッションな感じ」がいいねと、友達の一人から感想をもらいました。最近流行りの絵柄じゃないですけど、だからこそ、テイストの会うメディアや商品もあると思うんですよね。あともう一種類くらい、絵のテイストを増やしたいと思っていますが、今しばらくは、このテイストの絵の完成度を高めていこうと思います。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA