The Vamps

最近はボーイバンド、ガールバンドも下火で、すっかり洋楽アイドルシーンウォッチングも放置していたのですが、気になるバンドをストリーミングで発見。といっても数年前にデビューしているバンドですが、The Vampsというグループです。

下記は、One Direction「Story Of My Life」のカバーなのですが、本家よりも編曲やボーカルがかっこよくて好きですねぇ。

Wikipediaによると、すでにソロで活動していたギター&ボーカル担当のジェームズ・マクヴェイが、成功するためにグループを組むことをすすめられ、プロデビューを目指しYouTubeでカバーソングを披露してたリードボーカル&ギター,キーボード担当のブラッドリー・シンプソンを見つけ、2人で一年ほど活動。

その後、Facebookでドラム&ボーカル担当のトリスタン・エヴァンスと知り合い、3人で活動を開始し、徐々に人気を集めていく。その後、ブラッドリーの友人を通じて、YouTubeでカバーソングを披露していたベース&ボーカル担当のコナー・ボールと知り合い、グループへ加入。

その後も、YouTubeでカバー曲の投稿を続け、さらに人気を集め、マクフライののMemory Laneツアーのオープニングアクトを務めるまでになったそうである。

まずはカバーソングからヒットさせるというのは、UKアイドルにとって定石の成功パターンなんだけど、それをYouTubeで展開するあたりがいかにも現代的ですね。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA