The Fighter

本年度ゴールデングローブ賞で6部門にノミネート。アカデミー賞候補にもなっている映画「The Fighter」。見たいね、これは。スポーツ映画ともいえなくはないけど、人物描写が中心であり、ぜったいに僕の好きなタイプの作品だと思う。詳細はTBSラジオ「キラキラ」の町山さんのPodcastを聞いてもらうして、このブログではマーク・ウォールバーグの補足説明を。

映画評論家・町山智浩さんの解説

マーク・ウォールバーグって言えば、映画ファンなら誰でも知っているくらいの俳優さんな訳だし、昔不良だったのもけっこう知られた事実だけど、彼は松田聖子と「ザ・ライトコンビネーション」をデュエットしたドニー・ウォールバーグの弟っていうことは、あまり知られてないだろうな(笑)。洋楽マニアな僕にとって、マーク・ウォールバーグっていえば、ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックのドニーの弟で、マーキー・マーク&ザ・ファンキー・バンチのマーキー・マークな訳です。Gleeでもカバーされましたが、彼らのヒット曲『Good Vibrations』は全米No.1ヒットです。兄弟で別々にビルボードNo.1はウォールバーグ兄弟だけみたい。

でも、Marky Mark and the Funky Bunchのことは本人の中では黒歴史らしく、封印されているみたいです。川島なおみが『お笑いマンガ道場』出演歴を封印しているようなもんなんです。小さいときから、彼らに注目したいた僕にとって、川島なおみは、マンガ道場のなおみちゃんですし、マーク・ウォールバーグはMarky Mark and the Funky Bunchのマーキー・マークなんです。ちなみにデビッド・ベッカムは、僕の中ではいつまでもスパイス・ガールズの旦那です!

といういらない補足説明でした。カモン!カモン!カモン!(笑)

The Fighterを見たらブログに感想を書きますね。

2010/12/18(加筆・修正してあります)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA