【スポーツ映画】THE GAME CHANGERS

The Game Changers [DVD]

The Game Changers [DVD]

Netflixで見れるスポーツ栄養ドキュメンタリー

つい最近までトップアスリートとして活動していた後輩くんがInstagramでシェアしていたので気になって視聴してみた。2018年に公開されたドキュメンタリー映画だが、現在Netflixで視聴できる。

端的に言うと、動物性タンパク質よりも植物性タンパク質をとったほうが良いという内容。個人的にはマクロビオティックやヴィーガンといった菜食主義には懐疑的なので、見終わったあともベジタリアンになろうとまでは思わないが、もっと植物性タンパク質の量を増やして、動物性タンパク質を減らそうかなとは思うようになった。

この映画には菜食主義に切り替えて成功したアスリートが数多く登場する。菜食主義のアスリートと聞くと、どうせ長距離選手とか一部の女性アスリートなんじゃないのかと思うかもしれないが、ストリーテラー的な役割で登場するメインの登場人物は、UFCで活躍した元総合格闘技選手のジェームス・ウィルクス(James Wilks)である。また、アメリカンフットボール・テネシー・タイタンズで活躍したデリック・モーガン(Derrick Morgan)選手や、ボディビル界の神、アーノルド・シュワルツネッガー(Arnold Schwarzenegger)もベジアリアンに移行した人物として登場するので、筋肉系のクラスタも見ておいて損はないと思う。

肉食から菜食への流れは今後より強化されていくだろう

肉や乳製品といった動物性タンパク質が悪いものであるというスタンスにはあまり賛同できないが、動物性タンパク質を過大評価し、植物性タンパク質を過小評価してきたということを納得させるだけの説得力はある内容だ。動物性タンパク質至上主義というのが、商業主義や利権によって政治家や研究者も巻き込んで社会的なムーブメントして形成されていったというのがよくわかる。一方で、この植物性タンパク質至上主義を推し進める流れも、「ロブスターを茹でてはいけない」みたいな、ここ最近きな臭くなってきている極端な環境保護・動物愛護団体や、SDGsに絡んで環境問題で儲けようという思惑がある欧米のエコビジネスの影響が背景にあるということも、わかった上でこの映画を見ていったほうがよいと感じた。

いすれにせよ、肉食牛用の牛が出すメタンガスが環境破壊の大きな要因になっているということで、代替肉というものがかなり普及してきた。肉が大好きな人にとって、この流れについていけない人も多いだろう。ただ、見ていて思ったのは、豆のブリトーとか野菜のグラタンとか、どれも出てくる食事が美味しそうという点。今年に入ってからバーガーキングで、代替肉のパティを使ったプラントベースワッパーというハンバーガーを食べたが、思った以上に美味しかった。そういえば、豆乳から作られたチーズも業務スーパーで安かったので、食べてみたら思ってたよりもチーズぽい味がした。

食糧危機に備えて、昆虫食も注目を集めているけど、代替肉や豆乳チーズのほうが抵抗が少ないので、少しつづ生活に取り入れていっても良いのかもしれない。それよりも、我々日本人は和食を食べる量を増やすことで野菜の摂取量を増やしていくほうが現実的かも。和食だって肉はたくさん使うけど、乾物を使ったり、豆腐、厚揚げ、油揚げ、納豆といった大豆食品で作る料理も美味しい。先日、マツコの知らない世界の「油揚げ」の回でも、油揚げって精進料理で代替肉として作られた食べ物だという話があった。お金がなくて肉があまり買えない時期もあって、厚揚げを肉代わりに炒め物とか煮物を作ることもあるんだけど、それでいいのかも。

確かに屈強な草食動物は肉を食べなくても筋肉質

特に動物性タンパク質は血管に悪影響を与えるというデータは、これから健康を考える上で頭に入れておこうと思った。年齢的にも、ちょっとお肌の曲がり角(笑)で血管の若さって大事だよなって思っていたところだったので刺さる研究データだった。EPA・DHAなどのフィッシュオイルも血管に良いというデータもあるので、すべて動物由来の食べ物が悪いってわけでもないと思うけれども。

この映画は栄養学的な研究以上に、考古学や古人類学的な研究データが多く登場する。歯の形状からして、人類はもともと草食で肉食にはあまり向いていないという流れは、それなりに説得力があった(ただし、人間は火を使って調理するという方法で肉食に適応していったと捉えることもできると思う)。また、登場人物の何人かが、草食動物は肉を食べないでも十分筋肉質だろう?的な話をするのだけど、たしかにそうだと思った。「草食系」なんて言葉で誤解されているけど、草食動物や草食竜ってかなり凶暴なのもいるし、生殖能力も肉食より高いと思う。

映画の中で事例として登場するわけではないが、長い間ポリアネシア系の人が、芋ばかり食べてるイメージなのに、すごく体格が良くてマッチョな理由がこの映画を見てわかった気がする。報酬が入って、今日明日あたりに買い出しに行くので、いつもより野菜を多くかってみよう。最近野菜高いけど、豆腐や納豆、厚揚げあたりなら沢山買える。あとお気に入りのJIFのピーナツバターも買わなきゃな。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA