FRIDAY NIGHT LIGHTS

アメリカンフットボールはシーズンになると、金曜日が高校、土曜日が大学、日曜日がNFLを放映するらしい。だから、金曜日の夜と聞くとアメリカ人は高校のフットボールを連想する人も多い訳だ。

この映画は1988年、テキサス州 Permian High School Panthersのお話。もちろんスポーツ映画お決まりの”Based On A True Story”。H. G. Bissingerという作家のベストセラー『Friday Night Lights: A Town, a Team, and a Dream』を基に制作されたこの作品は、典型的なスポーツ映画であることを容易に予想させる。

友情、挫折、恋愛、夢、登場人物達がいろいろと葛藤してゆく中で、最終的には栄光をつかみ、仲間と喜びを分かち合うというストーリーの基本形は決して崩れてないこの作品だが、他の作品とは一線を画す、ある要素が物語全体を覆っている。

それは、テキサスの片田舎で過去の栄光引きずりまくりの元体育会OBの大人達が、わんさか登場するってこと。それによってスポーツに対するイメージがよりダーティーでネガティブに描かれているってことだろう。

地区大会で優勝したチームのメンバーしか貰えない記念リング。しかし、そのリングを持っているかつてのスター達が、今このテキサスの片田舎でどうすごしているかというと、目を覆いたくなるような現実の中でひたすら過去の栄光にすがって毎日をやり過ごしている訳である。

こんな町から早く抜け出したい。少年達は、そう思っている。しかし、こんな町から抜け出すためには、フットボールで成績を残し、大学から推薦をもらい特待生となる以外に方法がないという自己矛盾が彼らを襲う。

いずれにせよフットボールで勝たなければ、彼らに明るい将来はないのだ。そんな中で、チームのエースが怪我をしてしまう。スポーツで将来を約束された少年が”怪我”によって夢をあきらめなきゃいけないという悲劇は、現実の社会の至る所でおこっている。そして、その夢は少年だけの夢ではなく、”貧困”から抜け出すための家族の夢でもあるのが見ていてとても痛ましい。こういう現実を正面から描いたスポーツドラマは、少ないだろう。

エースを欠いた中で、チームは苦境に立たされながらも勝ち進んでゆく。新しいエースの選手も産まれる。あとはお決まりのパターンでハッピーエンドなんだろうと思うと、ここでもちょっとした裏切りがある。

チームはもちろん優勝するんだけど、ラストシーンはちょっとだけ「エッ」と思わせる展開になっている。試合のシーンが多めで、中だるみになりそうだが上手い演出でそこはクリアしてるし、このラストシーンのために試合のシーンが多めなのかと思うと納得。

最後は、これもまたお決まりで、それぞれの登場人物の進路と現在の職業が文字で印象的なラストシーンにかぶされる訳だけど、必ず一人は勉強でアイビーリーグとかに入っちゃうやつがいるあたりが実にアメリカらしい。

そして、この映画で最も特筆されるべきなのは、カントリー歌手であるTim McGrawの演技だろう。彼はあるメンバーの父親として登場するのだが、ちょっとアルコール依存症っぽいダメな父親の演技が秀逸。暴力的な父親を、押さえた演技で表現しているあたり、役者としての才能は相当なものがある。実際、このあと『しあわせの隠れ場所(ブラインド・サイド)』で、リー・アン・テューイの夫役ショーン・テューイを好演している。おそらくは、この演技を買われての起用であることは間違いない。Tim McGraw演じる父親も、かつてのスター選手でリングの持ち主。映画の一番の見せ所はティムがかっさらっていきます。ティムに関しては、奥さんがあのFaith Hillっていうことでも有名な訳ですが、Taylor Swiftのデビューアルバムに収録された、その名も『Tim McGraw』というタイトルの歌が、個人的にはインパクト大。この歌詞を聴くとなんというか、Tim McGrawはアメリカの長渕剛的な存在なんだって勝手に思いました。洋楽ミュージシャンを邦楽に当てはめた例えは好きじゃないんですが、ポジション的にあきらかにそんなポジションでは、あるのだと予測できます(ってことはFaith Hillはアメリカの志穂美悦子だよ!共通点だってあるよ!男勝りの美女だからね! 笑)。そんな、男が惚れる男だからこそ、こうした役にも説得力が出てくるのだろうと、ひとしきり関心しまくり。

めちゃくちゃいい映画というほどでもないけれど”普通に”感動できる映画です。やはりアメフト映画にはずれなし。

2010/09/22(加筆・修正してあります)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA