The Blind Side

お友達のデイブさんより、最新のオススメ映画を教えてもらった。映画好きの人に、好きなジャンルを限定してオススメを聞くと本当に好きな映画に出会えるから楽しい。

その原作本を本屋で発見し、日本で映画公開される前に読んでおくことに。読後の感想はまた次にやります。

さて、今回紹介する映画のタイトルは『The Blind Side』。Blind Sideとは、アメフトでQB(クウォーター・バック)の死角となるサイド(ブラインド・サイド)のこと、またはそのサイドを守るポジションのことである。単純に考えて右利きQBが多いわけだから、(自軍のオフェンシブサイドの)左サイドがブラインド・サイドになることが多く、LT(レフト・タックル)というポジションが守備側の重要なポジションとなるらしい。ラグビーでも、ブラインド・サイドのフランカーは、重要なポジションだものなぁ。とりあえず、アメフトには詳しくないけれど(もちろん、ラグビーにも詳しくないよ!)この物語の主人公はブラインド・サイドを守るフットボーラーって訳だ。もちろん、ブラインド・サイドって言葉に、他の意味が込められている感じもするけど、それは本や映画を見てみないと分からない。

主人公、マイケル・オアーは2009年、ついにNFLデビューしたボルティモア・レイブンズの現役フットボーラー。彼は貧困の中で、学校を転々としていたのだが、高校2年のときにフットボールで私立高校のブライアクレスト・クリスチャンスクールに特例として入学を認められる。しかし、貧困であったため生活環境がまったく整っていなかったのをみかねて、裕福な白人家族テューイ家が彼を養子にする。そしてそこからのサクセスストーリー&マイケルとテューイ家の友情、養父母の愛、という話。

スポーツ映画に家族のドラマを足したストーリーは、スポーツに興味がない人が見ても楽しめそうな感じ。実際もう一人の主人公リー・アン・テューイを演じるサンドラ・ブロックが、実はメインなこの映画。サンドラ・ブロックなんて、まだいたの?という感じだけど、なんとこの映画、公開3週目で全米1位を獲得し、7週目で2億850万ドルを達成。サンドラは、本作で初のオスカーを得るのではないかといわれているらしいのです。女性スターの単独主演で、これだけの興行収益を収めてることは初めてなのだとか。

ーアメリカで三番目に貧しい地区に育ち、11もの小学校を転々とした黒人少年が巻き起こす”奇跡”のノンフィクション。ー(単行本 帯コメントより)

いかにもアメリカ人が好きそうなサクセスストーリー。スポーツ映画の主流である実話の映画化である。

こうした実話を基に製作されたの映画というのは、ミステリーやアクションとは異なり、ラストの結末が見せ場なのではない。その人物が成功してゆくまでの紆余曲折するプロセスをいかに描き、俳優達がいかにリアルに演技するかというところが大事なのである。そういった意味でスポーツ映画というのは、本来映画が持っている絡繰りの要素を全て排除した全く異質の映像作品ということになる。

ドキュメンタリーとフィクションの中間でしか、描けないものというのは存在すると思う。さて、この映画がなぜ、ドキュメンタリーじゃなくてドラマとして再現されたのか、それは映画を楽しみにすることにして、とりあえず僕は、原作本でしっかりアメフトについて予習しておきたいと思います。

しかし、アメフト選手=かっこいいっていうイメージじゃなく、こういったクマのプーさん的ヒーローが活躍する感じ、いいと思います。僕のお友達の安田くん(←120キロ級のレスリング選手。いまも現役?)とイメージがだぶるので、ぜひ彼にも見てもらいたい映画です。

2010/01/16

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA